【&Buzzの口コミニュース】「カメの涙」に集まる幻想的なアマゾンの蝶たち。その理由とは? – ナゾロジー

&Buzzのサイエンスニュース

【カメの涙に集まる幻想的なアマゾンの蝶たち、その理由とは?】

昆虫学者のフィル・トーレス氏がペルーの熱帯雨林で撮影したビデオには、カメの目元に集まった蝶々が涙を飲む光景が収められていた。この驚くべき行動は、蝶々がカメの涙に含まれるナトリウムを摂取するためだという。一般的に蝶々は栄養を花の蜜から摂取するが、栄養不足を補うためにナトリウムを求めているのだ。ペルーの熱帯雨林ではナトリウムが不足しており、蝶々は創造的な方法で塩分を摂取する必要がある。それがカメの涙を飲む行動につながっている。

【カメも蝶も利益を得る”片利共生”の関係】

蝶々がカメの涙を飲むことで得られる利益は明確だが、カメには何のメリットもない。しかし、モンキヨコクビガメは蝶々を追い払うことができず、蝶々が涙を飲み終わるのを待つしかない。この関係は「片利共生」と呼ばれており、一方の種だけが利益を得る一方で、もう一方には損害も利益もない関係を示している。トーレス氏は、この行動を通じて自然界の中で見られるさまざまな共生関係に触れたいと説明している。

【カメたちにとって蝶の訪問は癒しのひと時か】

カメたちは普段、蝶々の訪問に驚き川に飛び込むことが多いが、カメの涙を飲む行動に関しては驚きの様子がないという。トーレス氏は、蝶々がカメの涙を飲む際にカメの目元を刺激することが心地良いのかもしれないと推測している。この光景は、カメたちにとってひと時の癒しになっているのかもしれない。

&Buzzとしては、このような自然の共生関係に感動し、自然環境保全の重要性を再認識させられるニュースである。今後も研究や観察の進展を見守り、自然環境の保全に向けた啓発活動を応援していきたい。

この &Buzzニュースは、Nazology.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました