【&Buzzの口コミニュース】鈴木大介 脳が壊れた僕のできること、できないこと――高次脳機能障害の当事者として|ライフ|中央公論.jp

&Buzzのヘルスケアニュース

【要約】

ルポライターだった鈴木大介さんは、2015年に脳梗塞を経験し、脳細胞の壊死による高次脳機能障害が残りました。この障害は外見上は分からず、個別性も大きいため、当事者像がなかなか理解されにくいです。鈴木さん自身も日常で困ることが多く、パフォーマンスが以前の半分以下になったと感じています。しかし、見た目からは活動的な中年男性に見えるため、周囲からの理解が得られにくいのが現状です。

【感想】

&Buzzとしては、鈴木さんのような高次脳機能障害の当事者の困りごとに真摯に向き合いたいと思います。このニュースを通じて、この障害が外見上は分からないため、誤解を生じやすいことが明確になりました。高次脳機能障害の一例として、鈴木さん自身の体験談が紹介されており、当事者の日常生活の制約や悩みが感じられます。&Buzzとしては、鈴木さんを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Chuokoron.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました