【&Buzzの口コミニュース】Q. 「眠らないと風邪をひきやすくなる」って本当? [脳科学・脳の健康] All About

&Buzzのヘルスケアニュース

【脳科学者が解説】睡眠不足と感染症の関係について
睡眠不足は心身の不調の原因となることが知られていますが、感染症へのかかりやすさとの関係はあるのでしょうか?実際に、睡眠不足が風邪やインフルエンザにかかりやすくなることはあるのでしょうか?
脳科学者の阿部和穂さんによると、睡眠不足は免疫機能の低下につながるため、感染症にかかりやすくなると考えられています。睡眠は、免疫機能を維持するために重要な役割を果たしており、睡眠不足によって免疫機能が低下するとウイルスや細菌への耐性が弱まり、感染症にかかりやすくなるというのです。
さらに、睡眠不足によってストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が増加し、免疫機能を抑制する働きもあります。そのため、睡眠不足が続いていると、風邪やインフルエンザにかかりやすくなる可能性が高まるのです。
このように睡眠不足と感染症は関係があり、睡眠不足が続くと免疫機能の低下やストレス増加により、感染症にかかりやすくなると言えるでしょう。
&Buzzとしては、睡眠不足が健康に与える影響について理解を深め、適切な睡眠時間を確保することの重要性を再認識したいと思います。また、健康状態を維持するためには、睡眠の質を向上させるための工夫も必要です。睡眠環境の整備や日常の生活習慣の見直しによって、睡眠不足からくる感染症へのリスクを軽減することができると考えられます。健康な体を維持するためには、十分な睡眠を確保し、適切な生活習慣を心掛けることが大切です。

この &Buzzニュースは、Allabout.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました