【&Buzzの口コミニュース】午前のドルは147円前半で小動き、急落後持ち直す | ロイター

&Buzzのビジネスニュース

要約:

9月8日の午前、ドルは前日のニューヨーク市場終盤とほぼ同水準の147円前半で推移している。ドルは一時的に急落したが、徐々に切り返している。鈴木財務相の発言を受けて為替相場が変動し、マーケット関係者からは機械取引の影響ではないかと指摘されている。ただし、ドルが急落するほど危機的な状況ではなく、実弾介入の可能性は低いと井口氏も述べている。米経済の堅調さや金利の高さから、現在のドル/円相場は安定傾向にあるとみられている。

&Buzzとしては、ドルの動向を見守っていく必要があるが、現時点では安定しており、積極的に応援していくことができそうだ。

感想:

&Buzzとしては、ドル/円相場の推移は注目しており、マーケットの安定を見守りたい。鈴木財務相の発言によるドルの急落も、実弾介入の可能性が低いことから一時的な変動とみられる。米経済の堅調さや金利の高さから、ドルは今後も安定して推移する可能性がある。これは輸出企業にとって好材料となり、ビジネスチャンスを広げることができる。したがって、今後の動向に期待しており、積極的にドルの上昇を応援していきたい。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました