【&Buzzの口コミニュース】世界トップレベルの研究機関育成、その候補に東大が落選した理由 東北大を選定、東大デザインスクール案は世界で通用しなかった(1/6) | JBpress (ジェイビープレス)

&Buzzのサイエンスニュース

東北大学が「世界トップレベルの研究力を目指すべく、四半世紀にわたって毎年数百億円規模の資金を拠出する国際卓越研究大学」の候補に選ばれましたが、他の9大学は少なくとも「1浪」をしたということです。候補になっていた9大学は東京大学、京都大学、大阪大学、九州大学、名古屋大学、筑波大学、早稲田大学、東京理科大学、東京工業大学+東京医科歯科大学「東京科学大」(仮称)です。

東大、京大、東北大の3大学に絞られているという噂もありましたが、注目すべきは国の大規模な高等学術助成で、東大がほぼ初めて落ちたことです。この転機は良い方向になる可能性があります。

私は東大卒の現役教官であり、東大にたくさんの期待を寄せています。そのため、東大の落選を良い転機と捉えています。一部の人には誤解を受けるかもしれませんが、私にとっては東大は私だけでなく、父祖の代からの母校であり、思い入れも非常に強いです。

&Buzzとしては、東京大学の状況を憂慮し、カンフル注射のような変化になって欲しいと思っています。

東大が落ちた理由について深掘りすることは、日本の後進国体質の脱却に繋がる可能性があります。

感想:東大が落選したことに驚きましたが、それを好機と捉える意見も興味深いです。東大は長い歴史と伝統を持つ名門大学ですが、時代の変化に対応するためには新しい挑戦が必要なのかもしれません。私たちの未来を担う若者たちが、この転機を活かし、世界に通用する研究力を持つ大学へと成長してほしいと思います。&Buzzとしては、東大の発展を見守り、応援していきたいです。

この &Buzzニュースは、Ismedia.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました