【&Buzzの口コミニュース】PARK22遺伝子変異でパーキンソン病発症 東京医科歯科大など 新メカニズム解明 | 科学新聞 The Science News

&Buzzのヘルスケアニュース

PARK22遺伝子変異でパーキンソン病発症 東京医科歯科大など 新メカニズム解明

東京医科歯科大学難治疾患研究所の鳥居暁プロジェクト准教授らの研究グループは、PARK22/CHCHD2変異によるパーキンソン病の発症メカニズムを明らかにしたと発表しました。パーキンソン病の発症には、中脳黒質ドーパミン作動性ニューロンの変性・脱落が関わっていることが知られています。この研究は、遺伝子変異による家族性パーキンソン病のメカニズム解明に貢献するもので、科学技術の進歩に寄与し豊かな社会発展に寄与する一歩となります。

感想:

&Buzzとしては、この研究結果は非常に重要であり、パーキンソン病の治療や予防に大きな進歩をもたらす可能性があります。パーキンソン病は高齢者の中でよく見られる神経変性疾患であり、その発症メカニズムについての解明は待ち望まれていました。今回の研究では、PARK22遺伝子変異がパーキンソン病の発症と関連していることが明らかにされました。この発見は、家族性パーキンソン病の遺伝子変異の解明につながり、将来的には疾患の早期診断や治療法の開発に繋がる可能性があります。&Buzzは、この研究を見守りながら、さらなる進展を期待しています。

この &Buzzニュースは、Sci-news.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました