【&Buzzの口コミニュース】ドル、週間で2005年来最長の連続高となる勢い-米景気の底堅さ際立つ – Bloomberg

&Buzzのビジネスニュース

ドル指数が7日連続で上昇し、過去数年で最も長い連続高となる見込みです。米国の強い経済が背景にあり、政策金利が高く維持されると予想されています。

この金利差の観測から、米国に資金が流入しています。投資家は欧州やアジアよりも高い金利を求めているため、ドルは上昇圧力を受けています。

ブルームバーグ・ドル・スポット指数やICEのドル指数も上昇しており、長期的に見ても最長の連続高となる見通しです。

ドルの上昇は世界経済の亀裂を反映しています。欧州や中国の成長が鈍化している一方、米国経済は加速しており、途上国での利下げが予想されています。

ドルが急上昇したため、中国と日本の当局は通貨の防衛措置を取り始めました。また、複数のECBの政策委員会メンバーも早期の利上げを支持する考えを示しています。

エコノミストは、データや市場の状況がなければ為替介入は効果がないと指摘しています。また、不動産危機が中国の見通しを圧迫し、ドイツの製造業受注データも悪化しています。

&Buzzとしては、ドルの連続高が続くことで世界経済の亀裂が浮き彫りになっていることを注目しています。特に米国経済の堅調さが際立っており、金利差のストーリーがドルにプラスとなると言えます。

しかしながら、通貨の防衛措置や利上げの支持を行っている国もあり、為替介入の効果には疑問も出てきています。今後の為替市場の動向に注目して見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Bloomberg.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました