【&Buzzの口コミニュース】デンソーが車載技術使い水素製造、SOECの実証実験を開始 | 日経クロステック(xTECH)

&Buzzのサイエンスニュース

デンソーは2030年の実用化を目指し、高効率の水電気分解装置である「SOEC(固体酸化物形水電解セル)」の開発を加速している。

デンソーが開発を加速しているSOECは、高効率の水電気分解装置であり、2030年の実用化を目指しています。この技術は、水を電気分解して水素を生成するものであり、燃料電池車や水素エネルギーの普及に大きく貢献することが期待されています。

デンソーは、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを積極的に進めており、このSOECの開発によって、水素エネルギーの供給を安定化させることや、CO₂排出の削減などの環境負荷の軽減に貢献することが期待されています。

&Buzzとしては、デンソーのSOECの開発を見守っていきたいと思います。この技術の実用化によって、水素社会の実現が大きく前進することが期待されます。そして、燃料電池車の普及や再生可能エネルギーの活用など、持続可能な社会の実現に貢献できる可能性があると考えられます。デンソーの取り組みを応援していきます。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました