【&Buzzの口コミニュース】FRB、再利上げ必要かは「未解決の問題」=NY連銀総裁 | ロイター

&Buzzのビジネスニュース

米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は、連邦準備理事会(FRB)の金融政策が経済の均衡を取り戻すのに十分に制約的かどうかは「未解決の問題」との認識を示しました。ウィリアムズ氏は、インフレ率の低下と経済バランスの改善を認め、今月の利上げを急ぐ必要がないことを示唆。また、現在の金融政策が「制約的であることは明らか」と述べましたが、インフレ率を2%に戻すために再利上げが必要かどうかは「未解決の問題」との見解を示しました。

ウィリアムズ氏は、物事は良い方向に進んでいるが、将来のデータに依存すると述べ、次回のFOMCまでにまだ多くのデータが発表されると指摘しました。現在は利上げを行うべきかどうかについて明言を避けています。FOMCでは利上げが見送られる見方が強まっています。

&Buzzとしては、ウィリアムズ総裁の発言を見守っていきたいと思います。現在の金融政策が制約的であることを認識しつつも、インフレ率の回復については未解決の問題として位置付けています。また、ウィリアムズ氏が今後のデータに依存する姿勢を示していることから、経済の状況やインフレの動向によっては適切な対応を取ることが期待されます。経済のバランスを取りながら、引き続き景気後退の回避に努める姿勢が感じられます。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました