【&Buzzの口コミニュース】「人が自分の体臭に気づかないのはなぜ?」など人間の嗅覚と体臭の疑問を専門家が解説 – GIGAZINE

&Buzzのサイエンスニュース

日本語の「我が身の臭さ我知らず」ということわざが示す通り、人は他人の体臭や口臭には敏感ですが、自分の匂いには気づきにくいものです。人間の嗅覚と体臭の関係について、科学系ニュースサイトのLive Scienceが専門家の話を元に解説しました。

記事によると、人間の嗅覚は優れており、400の嗅覚受容体により10系統の匂いを嗅ぎ分ける能力を持っています。また、狩猟採集民としての進化の歴史から、植物の芳香成分を感知することにおいては犬よりも得意だとも言われています。

ですが、人間が自分の体臭に鈍感な理由について、アメリカ・デューク大学の分子神経生物学者である松波宏明氏は「脇をかぐことによって自分の体臭を感じることから、自分の匂いを嗅げないわけではないが、時間が経つにつれて特定の匂いには鈍感になる。体臭だけでなく、日常的にかいでいる匂いにも同じことが当てはまる」と話しています。この現象は「嗅覚疲労」と呼ばれ、まだ完全に解明されていないとのことです。

また、体臭は食事や体調によって変化するため、特定の状況では自分の匂いを感知する能力も高まるという指摘もあります。

このような体臭に関する研究は、健康状態だけでなく、社会的な人間関係にも影響を与えることが明らかになっています。例えば、女性が男性のシャツの匂いを好む傾向があり、これは免疫系が病原体を識別するのに関連した遺伝子によるものであると指摘されています。

嗅覚の重要性は新型コロナウイルス感染症のパンデミックによりより一層注目されており、患者が嗅覚を失うことが多く報告されています。しかし、なぜ嗅覚が失われるのかはまだ解明されていないとのことです。

&Buzzとしては、人間の嗅覚と体臭に関する研究の進展を見守っていきたいと思います。匂いは私たちの生活において重要な要素であり、より良い生活に結びつけるために、嗅覚への関心が持続してほしいと感じました。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました