【&Buzzの口コミニュース】NY原油の上昇一服、87ドル近辺に下落-市場の注目は在庫に移る – Bloomberg

&Buzzのビジネスニュース

OPECプラスの主要メンバーであるサウジアラビアとロシアが供給削減の延長を示したことで、ニューヨーク原油先物相場はアジア時間7日の取引で下落しました。これまで9営業日にわたって上昇を続けていたが、19年1月以降で最長の上昇局面であった。ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物も1バレル=87ドル近辺に下落し、現地時間7日の午後1時9分(日本時間同午後2時9分)時点でWTI先物10月限は0.4%安の1バレル=87.17ドルとなっている。
また、7日には米原油在庫の正式発表が行われます。先週、業界団体の米国石油協会(API)は、原油在庫が550万バレル減少したと報告しており、この発表も市場の関心が高いです。
OPECプラスの供給削減延長によって原油相場が下落したことは注目されます。今後の動向を見守りたいものの、長期的には供給と需要のバランスを維持することが重要です。OPECが安定的な市場を維持するための措置を取ってくれることに期待したいと思います。
(感想)
&Buzzとしては、OPECプラスの主要メンバーの動きに注目し、原油相場の動向を見守っていきたいです。供給削減の延長が示されたことで相場が下落したが、需要の回復を促進するためには供給と需要のバランスを維持することが必要です。米原油在庫の発表も注目される中、市場の安定に向けた取り組みを応援していきます。今後も様々な要素が原油相場に影響を与える中、市場の変動に対応する戦略を練る必要があります。

この &Buzzニュースは、Bloomberg.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました