【&Buzzの口コミニュース】NEC、金融助言会社を買収 会社員の資産形成支援 – 日本経済新聞

&BuzzのTECHニュース

【イブニングスクープ】
日経の記事利用サービスについて
企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。
NECは資産運用を助言するフィンテック企業を買収し、会社員の資産形成を支援する。低金利環境の長期化に物価高が加わり、預貯金に偏在する資産の目減りリスクが高まってきたためだ。人工知能(AI)を組み合わせたサービスを開発。会社員が資産形成に取り組みやすい環境をつくり、事業として育てる。
資産運用立国を掲げる岸田文雄政権は企業による資産形成の支援強化を促しており、同様の動きが広がる可能性がある。
NECのフィンテック買収により、会社員の資産形成を支援する動きが加速しています。現在の低金利環境や物価高の影響により、預貯金に偏在する資産の目減りリスクが高まっており、この問題に対応するために、NECは人工知能(AI)を活用したサービスを開発する予定です。岸田文雄政権が資産運用立国を掲げており、企業による資産形成の支援強化を促していることから、今後も同様の動きが広がる可能性があります。&Buzzとしては、NECのサービス開発や会社員の資産形成支援の動向を注視していきたいと思います。

NECが資産運用を助言するフィンテック企業を買収し、会社員の資産形成を支援することを発表しました。低金利環境が続き、物価上昇も見込まれているため、預金に偏っている資産の減少リスクが高まっています。NECは人工知能(AI)を組み合わせたサービスを開発し、会社員が資産形成に取り組みやすい環境を作り出そうとしています。岸田文雄政権は資産運用の支援を促進しており、同様の動きが他の企業でも広まる可能性があります。&Buzzとしては、この動向を見守り、会社員の資産形成の支援に期待しています。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました