【&Buzzの口コミニュース】遺伝子編集技術「CRISPR」を使ってがん細胞を健康な細胞に再プログラムすることに成功 – GIGAZINE

&Buzzのヘルスケアニュース

遺伝子編集技術の「CRISPR(CRISPR-Cas9)」を利用して、小児にみられる横紋筋肉腫のがん細胞を健康な筋肉細胞に変える実験に成功したというニュースです。この研究はアメリカのコールド・スプリング・ハーバー研究所などの研究チームが行いました。横紋筋肉腫は児童から若年成人に見られ、生存率も低い危険ながんです。

分化療法:がん細胞を健康な細胞に変える治療法

この研究では分化療法と呼ばれる治療法についても研究されました。分化療法は未成熟ながん細胞を成熟させ、健康な細胞に分化させる方法です。アメリカ食品医薬品局はすでに白血病の分化治療のために4種類の薬を承認しています。

NF-YとPAX3-FOXO1が関与する

研究結果では、横紋筋肉腫の細胞が分化を停止するタンパク質PAX3-FOXO1と連携するタンパク質NF-Yが重要であることが明らかになりました。NF-Yを失うことで、がん細胞が筋肉細胞に分化することが可能となります。

課題と期待

この研究結果は横紋筋肉腫の治療に向けた重要なステップですが、NF-Yが細胞の健康的なプロセスに関与しているため、さらなる課題が残されています。しかし、分化療法をより利用しやすくするためには重要な成果といえます。&Buzzとしては、この研究の進展を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました