【&Buzzの口コミニュース】哺乳類が恐竜を襲う 1億2500万年前の「奇跡の化石」が見つかる:日経ビジネス電子版

&Buzzのサイエンスニュース

ナショナルジオグラフィックの記事によると、中国北東部から見つかった化石が、恐竜を襲う哺乳類の存在を示しているという。これまで中生代の哺乳類は、恐竜たちの陰で生きていた臆病な動物と思われてきたが、この保存状態の良い化石は、その考えを覆すものだという。化石には草食の恐竜であるプシッタコサウルスと、肉食の哺乳類であるレペノマムス・ロブストゥスの2体の動物の骨格が残されており、それらが互いにからみあった状態で保存されていた。研究者によれば、哺乳類は恐竜の下あごをつかみ、押さえつけ、肋骨のあたりに噛みついていたとのこと。この発見は非常に珍しいものであり、恐竜と哺乳類の間の相互作用を研究する上で重要な成果であるとされている。この研究は、学術誌「Scientific Reports」に掲載された。この発見に対しては、恐竜と哺乳類が同時に存在していたことに驚きと感謝の気持ちを持ちながら、今後の研究の進展を見守っていきたいと思う。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました