【&Buzzの口コミニュース】お酒は「1杯まで」ならOK? 大腸がんとアルコールの関係とは:左党の一分:日経Gooday(グッデイ)

&Buzzのヘルスケアニュース

【質問募集中】「腎臓」にまつわる悩みや相談はありますか? ぜひお寄せください!
葉石かおりさんは大腸内視鏡検査で憩室が見つかったそうです。憩室はアルコールが主な原因であり、同様に大腸がんもアルコールと関係があるようです。大腸がんのリスクを上げる飲酒の量や予防方法など、大腸疾患の専門家である小泉浩一氏に聞きました。
大腸がんは大腸の各部位に発生するがんであり、初期段階では自覚症状がほとんどありません。進行するにつれて血便や便通異常などの症状が現れ、最終的には腸閉塞となって腹痛や腹部膨満が現れます。
アルコールの摂取量と大腸がんのリスクについて、ヨーロッパで行われた研究では、多量飲酒群と少量または無飲酒群を比べると、大腸がんのリスクが高まる結果が出ています。また、欧米6カ国の研究でも、無飲酒群と超多量飲酒群を比較した結果、大腸がんのリスクが高まることが分かりました。
&Buzzとしては、大腸がんのリスクを把握し、アルコールの摂取量を適切に管理することが重要です。飲酒によるリスクを下げるためには、アルコールの摂取量を減らすことや禁酒することが有効です。大腸がんの予防には定期的な検診も重要であり、早期発見につながります。大腸がんは年齢と共にリスクが高まるため、特に中高年の方は注意が必要です。

この &Buzzニュースは、Nikkei.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました