【&Buzzの口コミニュース】遺伝子編集技術「CRISPR」を使ってがん細胞を健康な細胞に再プログラムすることに成功 – GIGAZINE

&Buzzのヘルスケアニュース

遺伝子編集技術「CRISPR」を使ってがん細胞を健康な細胞に再プログラムする実験が成功しました。小児にみられる横紋筋肉腫のがん細胞をCRISPRを用いて健康な筋肉細胞に変えることに成功した研究チームは、アメリカの生物医学研究所であるコールド・スプリング・ハーバー研究所などです。

横紋筋肉腫は小児から若年成人に発症し、生存率が低いがんのひとつです。そこで研究チームは、分化療法という治療法に注目しました。分化療法はがん細胞を成熟させ、健康な細胞に分化させる手法です。この研究で、横紋筋肉腫の細胞が細胞の分化を停止するタンパク質NF-Yの働きを調べました。NF-Yの作用を失うと、がん細胞が筋肉細胞に分化することが判明しました。

&Buzzとしては、この研究はがんの分化治療法の一環として非常に興味深いものです。がんを分化させ、健康な細胞にするアプローチは、治療法の選択肢を広げる可能性があります。今後の応用や治療法の開発に注目したいと思います。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました