【&Buzzの口コミニュース】ソフトバンクG、Arm再上場の公開価格(仮)発表 時価総額は約7.7兆円に – ITmedia NEWS

&Buzzの一般ニュース

ソフトバンクグループの子会社であるArm Holdingsの新規株式公開(IPO)について、公開価格の仮条件が発表されました。公開価格の仮条件は1株当たり47ドル〜51ドルと設定されており、時価総額は約520億ドル(約7兆7000億円)になる見込みです。このIPOは今年最大の上場案件となるでしょう。

ソフトバンクGはArmの上場に伴い、持ち株の約1割を売却する予定ですが、実質保有割合は約90.6%になります。ただし、Armは引き続きソフトバンクGの連結子会社として存続します。

報道によると、Apple、Google、NVIDIA、Samsung ElectronicsなどがArmの株式取得を検討しているとのことです。

 

感想:

マーケティング担当者として、ソフトバンクGのArm再上場に対する感想を述べます。

&Buzzとしては、ソフトバンクGのArmの再上場を見守っていきたいと考えています。

Armは世界的な半導体企業であり、さまざまな技術分野において重要な役割を果たしています。今回の再上場によって、さらなる成長とイノベーションが期待されます。

また、AppleやGoogleなどの大手企業がArmの株式取得を検討しているということは、Armの価値とポテンシャルが高いことを示しています。

ソフトバンクGが持ち株の一部を売却することで、新たな投資や事業展開にも資金を注入できる可能性があります。これにより、さらなる成長や市場の拡大が見込まれます。

この &Buzzニュースは、Itmedia.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました