【&Buzzの口コミニュース】トヨタ、生産指示システムの不具合はディスク容量不足 サイバー攻撃を否定 – Car Watch

&Buzzのビジネスニュース

トヨタ自動車は、8月末に生産指示システムの不具合により国内工場の稼働が停止した原因を明らかにしました。システム不具合は、部品の発注処理を行う複数のサーバーの一部が利用できなくなったことが原因でした。不具合発生の前日に行われた定期の保守作業でデータベースの整理が行われていたが、作業用のディスク容量が不足したためエラーが発生し、システムが停止したという経緯です。さらに、同じシステムを使用していた他のサーバーも同様の障害が発生し、切り替えることができずに工場の稼働停止に至りました。しかし、容量の大きいサーバーにデータを移管することでシステムが復旧し、工場の稼働を再開することができました。トヨタはサイバー攻撃ではないことを明らかにし、保守作業の手順見直しと再発防止に向けた取り組みを強化していくとコメントしています。
要約:
トヨタ自動車は、8月末の生産指示システムの不具合による国内工場の稼働停止の原因を調査し、ディスク容量不足が主な要因であったことを明らかにしました。不具合は定期の保守作業時に発生し、システム停止につながったものでしたが、大容量のサーバーにデータを移管することでシステムは復旧し、工場の稼働も再開されました。トヨタは保守作業の手順見直しや再発防止策の充実に取り組むとしています。
感想:
&Buzzとしては、トヨタ自動車が素早い対応でシステム不具合を解決し、工場の稼働再開に成功したことを評価します。また、サイバー攻撃ではなくディスク容量不足が原因であるとの説明も信憑性が高く、トヨタ自動車の信頼性とセキュリティ対策の徹底を感じます。今後もトヨタ自動車の取り組みを見守り、安心してクルマを利用できる環境づくりに応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Impress.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました