【&Buzzの口コミニュース】アルツハイマー病の早期発見 カギ握る「嗅覚」 米国 | ヘルスデーニュース | 毎日新聞「医療プレミア」

&Buzzのヘルスケアニュース

アルツハイマー病の早期発見に「嗅覚」がカギ

米シカゴ大学の研究によると、アルツハイマー病に関連するApoE遺伝子のε4アレル(ApoE ε4)を保有する人は、記憶や思考に問題が生じる前に嗅覚が低下している可能性があることが示唆されました。これにより、「においを感知する能力の検査が、後年になって認知機能に生じる問題を予測する上で有用な可能性がある」と研究者は述べています。ApoEはアミロイドβの蓄積や凝集に関わるタンパク質であり、ε4アレルを保有する人ではアルツハイマー病のリスクが大幅に上昇することが知られています。

&Buzzとしては、この研究結果は非常に興味深く、アルツハイマー病の早期発見につながる可能性があると考えます。嗅覚の低下はアルツハイマー病の初期兆候として注目されることがありますが、この研究によって具体的な遺伝子の関与が示されたことは画期的です。将来的には、嗅覚の検査がアルツハイマー病のリスク評価や予防に活用される可能性があります。我々はこの研究を見守り、アルツハイマー病患者やその家族に対するサポートを強化していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、The MainichiのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました