【&Buzzの口コミニュース】MIT Tech Review: パーキンソン病患者にES細胞由来ドーパミン細胞を移植

&Buzzのヘルスケアニュース

バイエル傘下のバイオテック企業が、12人のパーキンソン病患者に胚性幹細胞由来のドーパミンニューロンを移植する治験を実施し、一部の被験者では症状が緩和している可能性があると報告しました。この治験は胚性幹細胞技術に関するものであり、胚性幹細胞から作られた強力な幹細胞を用いて代替組織や臓器を作り出す手法です。これにより、パーキンソン病の患者にドーパミン不足を補うことが期待されています。

この治験では、移植された細胞が脳内でドーパミン生成細胞として機能していることが確認され、一部の被験者では症状の軽減が見られました。ただし、外部の専門家はこの結果の解釈に慎重であり、効果が治療によるものかプラセボ効果かを判断するためにはさらなる研究が必要だとしています。

&Buzzとしては、このバイオテック企業の治験の安全性に問題がなく、さらにパーキンソン病患者の症状の軽減につながる可能性があることは大変興味深いです。今後の研究結果や治験の進展を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Technologyreview.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました