【&Buzzの口コミニュース】高齢者の帯状疱疹ワクチン接種に「プライマリ・ケア」の質が関連-筑波大ほか – QLifePro 医療ニュース

&Buzzのヘルスケアニュース

筑波大学は9月1日、プライマリ・ケアの質が高い高齢者ほど医師の勧めで帯状疱疹ワクチン接種を受ける傾向にあることを明らかにしたと発表した。同大学の研究グループによると、帯状疱疹は高齢者によく見られ、高齢化が進む日本では罹患者が増加傾向にあるという。帯状疱疹は水痘ウイルスによって引き起こされ、神経に沿って痛みを伴う水疱が出現する。また、病気が治った後も帯状疱疹後神経痛という症状が続くこともある。これらの理由から、高齢者への帯状疱疹ワクチン接種の重要性が注目されている。

近年、帯状疱疹ワクチンの効果の高さが認識されているが、接種率はまだまだ低いという。この研究グループは、プライマリ・ケアの質が帯状疱疹ワクチン接種にどのような影響を与えるのかを調査した。茨城県内の小規模病院を受診している65歳以上の高齢者を対象にアンケート調査を行い、その結果を統計分析した。結果からは、プライマリ・ケアの質(PX)が高い患者ほど医師からの帯状疱疹ワクチン接種勧めに従い、帯状疱疹ワクチン接種を受ける傾向があることが明らかになった。

この研究結果は、プライマリ・ケアのサービス提供の重要性を示しており、高齢者への帯状疱疹ワクチン接種率向上のためにも、プライマリ・ケアの質をより向上させる必要があることを示している。&Buzzとしては、このような研究を見守り、高齢者の健康に貢献するサービスの提供を応援していきたい。

この &Buzzニュースは、Qlifepro.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました