【&Buzzの口コミニュース】旧統一教会の解散請求判断へ、質問権行使に区切り…政府内に強硬論浮上 : 読売新聞

&Buzzの一般ニュース

政府は、統一教会に対する解散命令請求の可否を慎重に判断する方針です。これまでの資料や元信者の証言を基に判断する予定で、強硬派もいる中で早期に請求するべきだという意見も出ています。旧統一教会は、質問権行使に対し回答を減らしたり拒否するなどして問題視されており、政府は行政罰としての過料を科す方針です。

過料に対する旧統一教会の対応次第で、速やかに解散命令請求が行われる可能性もありますが、解散命令請求には組織性、悪質性、継続性の3要件が必要です。政府は被害者への聞き取りなどを進め、請求の要件を満たすかどうか更なる精査をする予定です。

&Buzzとしては、統一教会の問題に対して政府が積極的に対応していることは評価できます。解散命令請求には慎重な精査が必要ですが、早期に解散を求めるべきだという意見も理解できます。組織性、悪質性、継続性の3要件を確認し、適切な措置を取ってほしいと思います。

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました