【&Buzzの口コミニュース】松本人志、ゲームを知らない横浜流星にピクミンを説明「吉本もそんな感じ。犠牲になる赤ピク芸人みたいな」 : スポーツ報知

&Buzzのエンタニュース

ニュース記事の要約:

ダウンタウンの松本人志と元SMAPの中居正広がMCを務めるフジテレビ系「まつもとなかい」の最新エピソードが放送されました。この回のゲストはプロボクサーの那須川天心と俳優の横浜流星でした。松本はゲームが全くやらないという横浜に「ピクミンは面白いからやった方がいいよ」とアドバイスしました。横浜は「なんとなくは知ってますよ。あの小っちゃいヤツですよね」と言いましたが、松本は「いやあ、嫌な言い方。雑な言い方」と不満を表しました。松本は「ピクミンをやると勉強になるからやった方がいいよ。いろんな色のピクミンがいて、特色があるから、その子たちをうまく働かせて効率良く進めていく」とピクミンの魅力を説明しました。また、「赤ピクミンとか青ピクミンとかはいっぱい生まれてくるから、まあ、まあいいんだけど、貴重なピクミンがいるから、こいつらをうまく守りながら赤ピク、青ピクはちょっと死んでいったりもするけども。これはしようがない。吉本(興業)もそんな感じだから」と述べ、ピクミンのゲームの楽しさと共通点を強調しました。

感想:

&Buzzとしては、松本人志の上手な話術とユーモアが光るエピソードでした。彼のピクミンに対する情熱と共通点についての説明は、ゲーム未経験者にも分かりやすく魅力的でした。松本の「ピクミンと吉本芸人の共通点」という発言は興味深く、ピクミンを通じて自身の経験や仕事に例えるという上手なマーケティングの手法であると感じました。

一部では横浜が「小っちゃいヤツ」という表現を使ったことについて、松本が「嫌な言い方」と反応したため、少し緊張感を感じましたが、その後の松本の説明で和解したように見えました。このようなMCの掛け合いや人間関係の発展は、視聴者にとっても興味深い要素であり、番組への関心を高めるポイントとなります。

プロボクサーの那須川天心と俳優の横浜流星という異なる分野のゲストが登場し、彼らについてのトークやエピソードも興味深かったです。中居正広と松本のコンビはいつもながら息の合ったMCぶりで、楽しく見ることができました。今後も「まつもとなかい」は注目して見守っていきたい番組です。+

この &Buzzニュースは、Hochi.newsのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました