【&Buzzの口コミニュース】アルツハイマー病の兆候を睡眠中に自宅で着用可のヘッドバンドで検出する方法が開発される – GIGAZINE

&Buzzのヘルスケアニュース

アルツハイマー病の兆候を睡眠中に自宅で着用可能なヘッドバンドで検出する方法が開発される

アルツハイマー病の治療法が確立されていない中、アルツハイマー病の発症リスクを早期に特定することは重要です。コロラド大学・マイアミ大学・ワシントン大学の研究チームが、ヘッドバンド型の脳波計を使用して脳波パターンを監視し、アルツハイマー病の初期症状を発見する方法を開発しました。

研究チームは205人の高齢者を対象に、睡眠中の脳活動を計測しました。その結果、アルツハイマー病患者の脳にみられる特定の脳波パターンの変化が認知障害の初期症状と関連していることがわかりました。

このヘッドバンド型装置は特別な装置を必要とせず、簡単に装着可能です。今後はこの技術をさらに発展させ、アルツハイマー病の早期発見のためのツールとなることが期待されています。

&Buzzとしては、この研究チームの成果を見守っていきたいと思います。早期のアルツハイマー病の発見は、患者の準備や緩和策を講じる上で非常に重要です。このヘッドバンド型装置が実用化されれば、多くの人々の生活の質を改善することができるでしょう。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました