【&Buzzの口コミニュース】処理水放出後、初めてトリチウム検出…飲料水基準よりはるかに低い1リットル10ベクレル : 読売新聞

&BuzzのTECHニュース

【トリチウム検出】

東京電力福島第一原子力発電所の処理水海洋放出に伴い、トリチウム(三重水素)の濃度が検出されました。東電によると、海水の放射性物質濃度は、1リットル当たり10ベクレルであり、処理水由来とされるものが初めて検出されました。海洋放出口付近の海水からの検出であり、他の9地点は検出限界値を下回っていました。

【トリチウム濃度は低い】

トリチウムの検出値は、飲料水基準と比較して非常に低いレベルであり、環境や健康には影響がないとされています。

【他の検出結果】

一方、水産庁、環境省、福島県が発表した結果では、同原発周辺海域で採取されたヒラメや海水のトリチウム濃度は、すべて検出限界値を下回りました。

&Buzzとしては、福島第一原子力発電所の処理水の海洋放出に伴うトリチウム検出は、放射線量が安全基準を下回っていることから、環境や健康への影響は少ないと判断されます。この問題に対しては、引き続き注意を払いつつ、東電の放射能排出の監視と情報の発信を見守っていく必要があります。

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました