【&Buzzの口コミニュース】VLPTジャパンとBIKEN財団、新型コロナ用レプリコン(次世代mRNA)ワクチン事業提携に向けた基本合意書を締結:今年中の製造販売ライセンス契約を目指して|VLPTジャパンのプレスリリース

&Buzzのヘルスケアニュース

VLPTジャパンとBIKEN財団、新型コロナ用レプリコン(次世代mRNA)ワクチン事業提携に向けた基本合意書を締結

VLPTジャパンとBIKEN財団は、VLPTジャパンのレプリコン(次世代mRNA)技術を用いた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの研究開発・製造販売における事業提携に向けて基本合意書を締結しました。両社は現在協議を進めており、2023年12月末までに最終合意を目指します。

VLPTジャパンのレプリコン技術は、少量の接種で十分な抗体が作られるため、接種量が他のmRNAワクチンと比べて10~100分の1程度減少し、日本国内全人口分の製造が短期間で可能となります。また、副反応が低減されることが期待されています。

VLPTジャパンは、2020年に米国VLP Therapeutics, Inc.(VLPT)の子会社として設立され、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの研究開発を行っています。VLPTは、世界の未満足な医療ニーズに応えるため、従来のワクチン療法を変革する革新的な治療法の開発を行っており、がん治療ワクチンや感染症予防ワクチンの研究開発も進めています。

一方、BIKEN財団は、ワクチンの研究・開発と生産・供給を担うバイオ・スペシャリティー・ファーマであり、数多くの日本初となるワクチンの開発や臨床検査サービスの提供を行っています。

&Buzzとしては、VLPTジャパンとBIKEN財団の新型コロナワクチン事業提携に大きな期待を寄せています。

&Buzzは、両社の革新的な治療法の開発や社会貢献に対して高い評価をしており、その成果が将来的に新型コロナウイルス感染症の対策に大きな役割を果たすことを期待しています。

この事業提携が順調に進めば、日本国内でのCOVID-19ワクチンの製造・供給能力が向上し、感染症対策の一助となることでしょう。

&Buzzは、VLPTジャパンとBIKEN財団の取り組みを見守っていき、その成果に応援を惜しまないでしょう。

この &Buzzニュースは、Prtimes.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました