【&Buzzの口コミニュース】VLPTジャパン、BIKEN財団、デンカ、季節性インフルエンザに対するレプリコン(次世代mRNA)ワクチンの共同研究契約を締結:時事ドットコム

&Buzzのヘルスケアニュース

VLPTジャパン、BIKEN財団、デンカが共同研究契約を締結

VLPTジャパン、BIKEN財団、デンカは、レプリコン(次世代mRNA)技術を用いた季節性インフルエンザワクチンの開発に関する共同研究契約を締結しました。現在のインフルエンザワクチンの製造には時間と大量の発育鶏卵が必要ですが、この共同研究では、VLPTジャパンが保有する転写駆動型のレプリコン技術を改良し、安全で効果的なインフルエンザワクチンを開発することを目指します。この共同研究では、2024年にワクチン試作品の有効性・安全性評価を行う予定です。

&Buzzとしては、VLPTジャパン、BIKEN財団、デンカのこの共同研究を見守っていきたいと思います。インフルエンザは年々変異し続けるため、新しいワクチンの開発が求められています。レプリコン技術は従来のmRNA技術と比べて接種量が少なくて済むだけでなく、免疫効果も長期間持続すると期待されています。もし成功すれば、インフルエンザの予防において大きな進歩となることでしょう。

この &Buzzニュースは、Jiji.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました