【&Buzzの口コミニュース】VLPTジャパン、BIKEN財団、デンカ、季節性インフルエンザに対するレプリコン(次世代mRNA)ワクチンの共同研究契約を締結:時事ドットコム

&Buzzのヘルスケアニュース

<VLPTジャパン、BIKEN財団、デンカとの共同研究契約>
VLP Therapeutics Japan株式会社(以下、VLPTジャパン)、BIKEN財団、デンカ株式会社は、次世代mRNA技術を用いた季節性インフルエンザワクチンの開発に向けて共同研究契約を締結しました。現在のインフルエンザワクチンは製造に時間と資源がかかるため、ワクチンの供給が追いつかないという課題があります。しかし、改良されたレプリコン技術を使用することで、より迅速にワクチンを製造できることが期待されています。VLPTジャパン、BIKEN財団、デンカの3社は、2024年までにワクチン試作品の有効性・安全性評価を実施する予定です。この共同研究により、より効果的で持続性のある季節性インフルエンザワクチンの開発が期待されます。

&Buzzとしては、VLPTジャパン、BIKEN財団、デンカの共同研究により、次世代mRNA技術を用いた季節性インフルエンザワクチンの開発が進められることは非常に意義深いです。現在のワクチン製造方法には課題がありますが、レプリコン技術の導入により、より効率的かつ素早くワクチンを供給できるようになることが期待されます。これにより、インフルエンザの流行による被害を軽減することができ、社会の健康と安全に寄与することができるでしょう。今後の研究結果に注目し、この新しい技術の普及と利用拡大を応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Jiji.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました