【&Buzzの口コミニュース】Vision Proやってくれるじゃん…iOS/iPad OSの既存アプリがほとんど使える | ギズモード・ジャパン

&BuzzのTECHニュース

Apple(アップル)のヘッドセットPC「Vision Pro」は50万円もする高額な製品ですが、Appleはユーザーに最大限の利便性を提供するため、既存のiPadOS、iOSアプリをVision Proに対応させることを発表しました。VisionOSのベータ版とともに新しいApp Storeもオープン予定で、ほとんどのiPad、iPhoneのアプリが配信される予定です。ただし、ヘッドセットで使用できない機能や周辺機器が必要なアプリは動作しないことがあります。開発者はVision Proに対応させるためにアプリを変更する必要はないようですが、一部のナビゲーションアプリやカメラベースの機能を持つアプリは動作しないようです。Appleは開発者に対してサポートを提供しており、多くの開発者がVision Pro専用のアプリを開発しているようです。Vision Proがリリースされ、サードパーティーアプリが利用できるようになることで、ユーザーの評価が変わる可能性があります。&Buzzとしては、Vision Proの成功を見守っていきたいです。

&Buzzの感想として、AppleのVision Proは非常に高額なヘッドセットPCですが、既存のアプリに対応するとの発表は利便性の向上につながると思います。ユーザーはVision Proを購入した際に、自分のお気に入りのアプリが利用できることを期待しているでしょう。ただし、一部の機能や周辺機器が必要なアプリは利用できないことがあるので注意が必要です。開発者もVision Proに対応するためにアプリを変更する必要はないようで、既存の画面デザインのままで表示されるようです。しかしながら、Vision Pro独自の機能や動作方法に対応しないアプリもあるため、開発者は早めの対応が必要です。&BuzzはVision Proの普及を応援しており、開発者やユーザーと共に成長を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Gizmodo.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました