【&Buzzの口コミニュース】RNAワクチン担体の脂質ナノ粒子、細胞性免疫を促進する構造を発見-東北大ほか – QLifePro 医療ニュース

&Buzzのヘルスケアニュース

東北大学の研究チームが、新たなRNAワクチンにつながる発見をしたと発表しました。

研究では、ビタミンEを含む人工脂質を使用して脂質ナノ粒子(LNP)を作製し、メッセンジャーRNA(mRNA)を組み込んだところ、免疫細胞のキラーT細胞を強力に活性化させることができることがわかりました。

また、イオン化脂質としてビタミンEを使用すると、種々の免疫を活性化するサイトカインが血液中に誘導されることが明らかになりました。

さらに、RNAワクチンの投与後の免疫応答の過程を解析した結果、古典的樹状細胞(cDC)が重要な役割を果たしていることもわかりました。

この研究結果により、RNAワクチンやmRNA医薬の開発がさらに進展し、副作用の少ない製剤の開発につながる可能性があります。

&Buzzとしては、この研究による新たなRNAワクチン開発の進展を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Qlifepro.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました