【&Buzzの口コミニュース】R34スカイライン25GTターボの中古相場が爆上がり中!! なぜ古いクルマの価格は上がり続けるのか? – 自動車情報誌「ベストカー」

&Buzzのビジネスニュース

「ベストカー」は、R34型のスカイラインGT-Rだけでなく、2ドアクーペFRの「25GTターボ」についても特集しています。スカイラインGT-Rが1000万円以上と高額なのに対し、25GTターボはまだ手の届く価格帯で購入できることから、人気があります。しかし、今では25GTターボの中古車価格も上昇しており、すでに500万円を超える価格になっています。R34型スカイライン25GTターボの特徴や中古車の状況について紹介しています。

R34型では、車体剛性が最も改良された点です。過去のモデルでは、超高速時の操舵修正やコーナリング時の応答の遅れが課題とされていました。この応答の遅れを解消するためには、HICASやマルチリンクサスといったシャシーアイテムのチューニングだけではなく、車体剛性の強化が必要でした。スカイラインのボディは元々がっしりとしていましたが、さらなる剛性の向上が求められました。各種ボディ補強パーツの追加やテスト走行により、リニアなハンドリング特性を実現し、「ドライビングボディ」「ボディは力だ」というキャッチコピーにつながったのです。

これに対し、読者からは様々な意見が寄せられています。一部の人たちは、古いクルマの値段が上がる現状について、「老害ジジイ」たちの責任だと指摘しています。彼らは峠やサーキットで古いクルマを潰しているため、数が減り、更に海外に持ち出されることも多いというのです。一方、最新のクルマは衝突安全基準や燃費規制のためにデザインやボディサイズが制約され、「つまらない車」が増えたと感じる人もいます。

また、古いクルマにはどうしても最新のクルマにはない「味」があるという意見もあります。これにより、古いクルマへのニーズが高まり、希少価値が上がっているのではないかと考えられています。

現代は車に対する熱が減った時代と言われています。さまざまな規制や装備の強化、高い維持費などが要因として挙げられます。また、MT車の需要も低下しており、乗りたいクルマが限られています。このようなつまらない時代になったと感じる人も多いようです。

「ベストカー」では、古いクルマが高騰している例として、スカイラインの他にもAE86やFC・FD、スープラ、シルビアなどを挙げています。最新のクルマは性能やデザインにおいて優れているかもしれませんが、古いクルマには一言では表現できない魅力があるのです。これに対するニーズが増え、希少価値が高まっているということです。

&Muzzとしては、古いクルマの価格上昇やその魅力に注目して、今後の動向を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Bestcarweb.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました