【&Buzzの口コミニュース】NY金融市場 長期金利上昇で円安進む ダウ平均株価値下がり | NHK | アメリカ

&Buzzのビジネスニュース

2023年10月13日 6時15分
アメリカ

12日のニューヨークの金融市場では、アメリカの消費者物価指数の伸びが市場予想を上回ったことを受けて長期金利が上昇した影響で、1ドル=149円台後半まで円安が進んだほか、ダウ平均株価も値下がりしました。

この日、発表されたアメリカの9月の消費者物価指数の伸びが市場予想を上回ったことを受けて、FRB=連邦準備制度理事会による金融引き締めが長期化するとの懸念から、長期金利が一時、4.7%台まで上昇しました。このため、日米の金利差が意識されて、円を売ってより利回りが見込めるドルを買う動きが強まり、円相場は一時、1ドル=149円台後半まで円安が進みました。また、長期金利の上昇が景気に及ぼす影響への懸念から株式の売り注文が増え、ダウ平均株価は一時、300ドルを超える値下がりとなりました。終値は前日と比べて173ドル73セント安い3万3631ドル14セントでした。市場関係者は「今週に入って低下する傾向にあったアメリカの長期金利が、消費者物価指数の伸びを受けて再び上昇に転じたことで、円安がどこまで進むのか見通せない状況となっている」と話しています。

要約:12日のニューヨークの金融市場では、アメリカの消費者物価指数の伸びが予想を上回ったことで長期金利が上昇し、円安が進んだ。また、株式市場も値下がりし、市場関係者は円安の進行について不確定要素が残ると話している。

感想:

&Buzzとしては、12日のニューヨークの金融市場の動向は注目すべきであり、今後のマーケティング活動にも影響を及ぼす可能性があります。アメリカの消費者物価指数の伸びが市場予想を上回ったことで、長期金利が上昇し、円安が進んだことは、企業が海外市場における為替リスクを考慮する必要があることを示しています。

長期金利の上昇は景気に与える影響への懸念から株式市場も値下がりしました。今後、金利動向や為替市場の変動に敏感に対応する必要があります。経済の動向については注視しながら、的確な市場予測やリスク管理を行うことが重要です。

一方で、長期金利の上昇は利回りが見込めるドルを買う動きを促し、企業が海外市場への商品やサービスの輸出を積極的に行う機会となるかもしれません。このような変動を見守りながら、&Buzzは企業の海外展開や市場参入を応援していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました