【&Buzzの口コミニュース】NY原油、10カ月ぶり90ドル台 インフレ長期化に懸念 – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

ニュースの要約:米国市場で国際原油指標のWTI先物が一時90ドル台となり、約10カ月ぶりの高水準となった。サウジアラビアとロシアが減産を継続する方針を示し、市場では需給が逼迫するとの見方が強まった。原油価格の上昇が続けば、ガソリンの高騰やインフレの長期化など経済への打撃が懸念される。

感想:&Buzzとしては、WTIの価格上昇が注目されており、これが続くことで経済への悪影響が懸念されます。特にガソリン価格の上昇やインフレの長期化による経済活動へのマイナス要因があるため、今後の原油価格の動向を見守っていく必要があります。また、サウジアラビアやロシアの減産方針が重要な要素となっているため、彼らとの対話が一段と重要になっています。&Buzzは、この問題について注目し、関連するニュースを積極的に取り上げていきます。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました