【&Buzzの口コミニュース】NY円、続落 1ドル=148円30~40銭 10カ月ぶり安値 FOMC受け売り優勢 – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

要約:20日のニューヨーク外国為替市場で円相場が続落し、1ドル=148円30~40銭で取引を終えました。FRBの政策金利の据え置きを受け、米国の金融引き締めの見通しにより、円売り・ドル買いが進みました。パウエルFRB議長は今後も利上げする用意があるとの考えを示し、米長期金利が上昇したことも円相場の下落要因となりました。

感想:マーケティング担当者として、この円相場の動向は注目すべきであり、将来の金利動向や為替リスクを見極める上で重要な情報です。米国の金融引き締めが長期化するとの見方から、円安・ドル高が続く可能性があります。この動向を見守りつつ、企業の国際ビジネス戦略や為替ヘッジ戦略に活かしていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました