【&Buzzの口コミニュース】NY円、反落 1ドル=147円80~90銭 日米金利差の拡大観測で – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

【ニュースの要約】

Nikkei Inc.が配信する日本経済新聞記事によると、8日のニューヨーク外国為替市場で円相場は3日ぶりに反落し、前日比で55銭の円安・ドル高となりました。米長期金利が上昇しており、日米金利差の拡大観測から円売り・ドル買いが優勢となっています。米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締めの長期化も根強く影響を与えており、円相場にとって重荷となっています。また、日銀とFRBの金融政策の違いによる円売り・ドル買いも影響しているとされています。円は一時、前日から昨年11月以来の水準まで円安・ドル高となりました。

【感想】

&Buzzとしては、今回の外国為替市場の動向に注目しており、日本経済にとって重要な要素となっています。米長期金利の上昇やFRBの金融引き締めの長期化観測による円相場の影響は継続しているようであり、今後のマーケット動向にも引き続き注目が必要です。また、日銀とFRBの金融政策の違いも円相場に影響を与えていることから、今後の両国の金融政策の動向にも注意が必要です。&Buzzは、今後の円相場の動向を見守っていくと共に、日本経済の安定と発展を応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました