【&Buzzの口コミニュース】NY円、反発 1ドル=147円55~65銭 米長期金利の低下受け – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

【要約】
日経プライムは、朝夕刊や電子版では伝えきれない情報を提供するサービスとして開始予定。日本経済新聞の記事利用サービスでは、企業での記事共有や転載・複製、注文印刷などが可能。18日のニューヨーク外国為替市場では、円相場が反発し、日米金利差の縮小観測から円買い・ドル売りが優勢となった。しかし、今週開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に積極的な売買は手控えられた。円の高値は147円58銭、安値は147円77銭だった。
【感想】
米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、円相場が反発したことは注目すべきです。&Buzzとしては、FOMCの結果に注目し、今後の市場の動向を見守っていく必要があります。また、企業での記事利用サービス開始も興味深いです。このサービスが日本のビジネス界にどのような影響をもたらすか、応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました