【&Buzzの口コミニュース】NYドル円相場、3日続落 1ドル=147円45〜55銭で終了 – 日本経済新聞

&Buzzの一般ニュース

日本経済新聞の記事によると、14日のニューヨーク外国為替市場で円相場が小幅に3日続落し、1ドル=147円45〜55銭で取引を終えたと報じられています。円相場の重荷となる要因として、米長期金利の上昇による日米金利差の拡大が挙げられています。また、欧州中央銀行(ECB)が利上げを決める一方、利上げ打ち止めの可能性を示唆したことも円相場の影響要素となりました。これにより、対ユーロで円が買われ、対ドルでも円の下値は堅かったとのことです。

&Buzzとしては、円相場の動向には注目していきたいと思います。特に、米長期金利や日米金利差の動きが円相場にどのような影響を与えるかを見守っていきたいです。また、欧州中央銀行の動向も円相場に影響を及ぼすことがあるため、ECBの行動を注視していきたいです。円相場は日本経済にとって重要な要素であり、円安や円高は輸出業や観光業などに大きな影響を与えるため、経済にとって重要なポイントとなります。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました