【&Buzzの口コミニュース】Microsoft、AIの影響で年間水消費量がプール2,000個分に | ギズモード・ジャパン

&BuzzのTECHニュース

Microsoft(マイクロソフト)が公開した環境報告書によると、AIの台頭により、AIのエネルギー消費量が急激に増加しており、特に水の使用量が大きく増えていることが明らかになりました。マイクロソフトはAIを動かすデータセンターの冷却に水を使用しており、このために大量の水が必要となっています。しかしこの水の使用量は地元住民の飲料水源にもなっており、地元水道局にとっても問題視されています。

Googleもまた、AIの開発に伴い水の使用量が増加しており、気候変動との関係が懸念されています。大手テック企業のAIの利用増加に伴い、データセンターの冷却にはより効果的な方法が求められています。

&Buzzとしては、これらの企業が持続可能なエネルギー効率化の取り組みを進めることを見守っていきたいです。AIの活用は進んでいくでしょうが、同時に環境への負荷も考慮した対策が重要です。

この &Buzzニュースは、Gizmodo.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました