【&Buzzの口コミニュース】Microsoft、「Windows Community Toolkit v8.0」をリリース | Think IT(シンクイット)

&Buzzの一般ニュース

Microsoftは9月7日(現地時間)、「Windows Community Toolkit v8.0」をリリースした。「Windows Community Toolkit」は、Windows 10/11に対し、アプリケーション開発においてヘルパーや拡張機能などを提供するライブラリ。Windowsプラットフォームアプリケーション/WinUI 3/WinAppSDKアプリケーションなどの開発を支援するヘルパー関数、カスタムコントロール、アプリサービスなどを搭載している。

「Windows Community Toolkit v8.0」では、パッケージ内のコードの名前空間が統合され、複数のプラットフォームをターゲットにする場合であっても、Windows Community Toolkitを参照するコードの変更が不要となった。なお、名前空間の統合に合わせ、パッケージの命名規則が変更されている。その他、いくつかの新機能が追加されている。

感想:&Buzzとしては、Microsoftの「Windows Community Toolkit v8.0」のリリースにとても興味があります。このツールキットは開発者にとって非常に便利であり、Windowsアプリケーションの開発をサポートするさまざまな機能が提供されています。特に、名前空間の統合により、複数のプラットフォームをターゲットにする際のコードの変更が不要になったというのは大変便利です。これにより、開発者はより効率的にアプリケーションを開発できるようになります。&Buzzとしては、Microsoftの取り組みを見守り、今後もさらなる進化や新機能の追加を期待しています。

この &Buzzニュースは、Thinkit.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました