【&Buzzの口コミニュース】IntelがWindowsのブルースクリーンを引き起こすCPUを発表/Microsoftが「ワードパッド」アプリを非推奨に:週末の「気になるニュース」一気読み!(1/3 ページ) – ITmedia PC USER

&BuzzのTECHニュース

IntelがWindows 10/11の非セキュリティプレビュー更新プログラムによってブルースクリーンになる問題を発見し、影響を受けるプロセッサの一覧を公開しました。この問題は第13世代Coreプロセッサに影響を及ぼすものであり、Intelは対策済みのマイクロコードを提供しています。また、Windows 11 21H2のサポートは2021年10月10日に終了し、その後はWindows 11 22H2に自動更新される予定です。

&Buzzとしては、IntelとMicrosoftが問題を早期に発見し、対策を取る姿勢を見せたことに感心します。特にIntelがマイクロコードの提供を行い、他のマザーボードメーカーも対応を予定していることは評価できます。また、Windowsのサポート終了に関しても、自動更新プランが用意されていることでユーザーの保護と生産性が確保されると考えられます。&Buzzは今後の展開を見守りながら、IntelとMicrosoftの取り組みを応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Itmedia.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました