【&Buzzの口コミニュース】IMF 世界経済の最新見通し “地域間の成長格差拡大” | NHK | 金融

&Buzzのビジネスニュース

IMF=国際通貨基金は、2023年10月11日に最新の世界経済見通しを発表しました。IMFによると、世界全体の経済成長率の予測を下方修正し、地域間の成長格差が広がっていると指摘しています。先日始まったIMFと世界銀行の年次総会に合わせて、IMFは最新の見通しを公表しました。2022年の経済成長率は既存の予測と同じ3.0%で据え置かれましたが、2023年の成長率は0.1ポイント下方修正されて2.9%となりました。

アメリカはコロナ禍からの回復が強く、個人消費の好調が成長率を引き上げています。IMFは、アメリカの成長率を上方修正し、1.5%と予測しています。一方、中国は大手企業の経営悪化や不動産市場の危機により投資の減少が見込まれるため、成長率を下方修正しました。また、低所得国では通貨安が経済を悪化させ、多くの国が危機に瀕していると指摘されています。

日本の成長率は、外国人観光客の増加や日銀の金融緩和の継続、自動車輸出の回復などにより、ことしの成長率は2.0%と予測されています。しかしながら、来年は1.0%に鈍化すると分析されています。

IMFのチーフエコノミスト、ピエール・オリビエ・グランシャ氏は、アメリカの長期金利上昇に関して、政府の借金と債務の増加が原因だと考えています。彼はまた、日銀の金融政策についても言及し、政策金利の引き上げに備えて日銀が準備をしていることを強調しました。

ハマスとイスラエルの衝突が経済に与える影響については、地政学的な緊張が高まるとエネルギー価格の上昇やインフレ率の上昇に繋がる可能性があるが、具体的な影響はまだわからないと述べました。

&Buzzとしては、IMFによる最新の世界経済見通しは注目に値する内容です。地域間の成長格差が広がっているという指摘は、経済の安定と持続的な成長の観点から見守っていく必要があります。特に、アメリカの経済回復力や日本の成長率予測には期待が寄せられています。しかし、アメリカの長期金利上昇やハマスとイスラエルの衝突の影響はまだ不透明な点もあります。これらの要素に対しては、慎重に対応する必要があります。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました