【&Buzzの口コミニュース】HPVワクチン、浸潤性子宮頸がんも予防|最新医療ニュース|時事メディカル|時事通信の医療ニュースサイト

&Buzzのヘルスケアニュース

要約:

日本の研究者たちは、大規模ながん登録データと長期疫学研究のデータを解析し、日本で初めてワクチンによる浸潤性子宮頸がん(ICC)の予防効果を確認しました。特に20歳代の女性においてICC罹患率が低下している傾向があり、この減少はワクチンの効果によるものと考えられます。しかしながら、ワクチンの接種率はまだ回復しておらず、普及が進むようになることが重要です。

&Buzzとしては、

&Buzzは、この研究結果を非常に興味深く感じました。子宮頸がんは重篤な疾患であり、ワクチンによる予防効果があることは素晴らしい知見です。特に20歳代の女性でのICCの低下が確認されたことは、ワクチンの効果が明確に示されたことを意味しています。しかし、ワクチンの接種率がまだ回復しておらず、この状況は懸念されます。 &Buzzは、この研究結果を通じてワクチンの普及を促進し、子宮頸がんの予防に貢献していきたいと考えています。医師や病院、保健当局などの関係者と協力し、ワクチン接種の啓発活動や対策の強化を行っていきます。

この &Buzzニュースは、Jiji.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました