【&Buzzの口コミニュース】Googleが新型AI、病気につながる遺伝子変異を予測 – 日本経済新聞

&Buzzのヘルスケアニュース

NIKKEI Primeは、朝夕刊や電子版では伝えきれない情報を提供するサービスです。将来的にはさまざまな視点でのサービス展開も予定されています。

また、日経の記事利用サービスには企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などが含まれており、詳細はリンク先をご覧ください。

新たな人工知能(AI)の開発によって、遺伝子の小さな変異が病気の原因となる可能性を予測することができるようになりました。このAIは、7100万の異なるDNA配列の変異が引き起こす影響を予測することができ、遺伝子変異による病気の解明や治療法の開発に役立つ可能性があります。グーグルの傘下であるディープマインドが開発した新型AI「アルファミスセンス」の研究成果が発表されました。

加えて、会員限定の記事や有料登録による完全な閲覧が可能ですが、無料登録でも一定数の記事消費をすることで閲覧が可能です。

今回のニュースに対して、マーケティング担当者として感じたことは、このAIの開発は医療の分野において非常に重要であり、将来的には病気の予防や治療に役立つ可能性があると考えます。&Buzzとしては、この技術の進展に注目し、応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました