【&Buzzの口コミニュース】Gmailの「簡易HTML形式」が2024年1月に終了予定、テキスト読み上げツールを使う視覚障害者の不利益になる可能性も – GIGAZINE

&BuzzのTECHニュース

Gmailは「Basic HTML view」という表示形式をサポートしており、2024年1月に終了される予定です。この表示形式は、Gmailが対応していないブラウザや古いデバイスを使用するユーザー、低速のインターネット回線を利用するユーザーなどに利用されています。簡易HTML形式では、チャットやスペルチェッカー、AIによるフィルタリング、連絡先の追加やインポート機能、リッチテキストのサポートなどが制限されています。

この終了により、視覚障害者が使うテキスト読み上げツールの信頼性に影響が出る可能性が指摘されています。Googleは視覚障害者をサポートするための機能が標準HTML形式で組み込まれていると述べていますが、新たな対応策や規定は明らかにされていません。

&Buzzとしては、Gmailの使い勝手向上に期待していますが、視覚障害者にとっての利便性の低下は懸念材料です。Googleの今後の対応に注目し、視覚障害者を支える新たなテクノロジーやサービスの開発を見守っていきたいです。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました