【&Buzzの口コミニュース】AIに「深呼吸しよう」といった人間っぽい言葉をかけると問題の正答率が上昇するという研究結果 – GIGAZINE

&BuzzのTECHニュース

AIに「深呼吸しよう」といった人間っぽい言葉をかけると問題の正答率が上昇するという研究結果 – GIGAZINE

Google DeepMindの研究チームによると、AIに人間に送るようなアドバイスを与えると問題の正答率が上がるということが報告されました。大規模言語モデルを使用して自然言語で記述された「メタプロンプト」を改善し、最適化プロセスを実行する手法「Optimization by PROMpting(OPRO)」が提案されました。この手法を用いると、算数問題や推論テストにおいてOPROによって最適化されたプロンプトの性能が人間が設計したプロンプトを上回ると報告されています。

AIへの助言として「深呼吸をして、この問題に一歩ずつ取り組もう」といった言葉をかけると、問題の正答率が高まることが示されました。AIの精度向上に人間らしいアドバイスが貢献することは、以前の研究でも報告されており、今後のAIの応用に期待が寄せられています。

この研究結果は興味深く、AIの学習や応用において、人間のようなアプローチやアドバイスが有効であることを示しています。AIの性能向上には、人間の知識と経験を活かして適切な指示や助言を与えることが重要であり、この研究結果を受けてもっとAIの能力を引き出すための研究や開発が進められることでしょう。

&Buzzとしては、AIの進化に興味深い研究結果であり、AIの応用分野においてもっと人間に近い応答や意思疎通ができるような技術の開発に期待したいと思います。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました