【&Buzzの口コミニュース】AIで変わる科学の営み、新たな「理解」がけん引 – 日本経済新聞

&Buzzのヘルスケアニュース

日本経済新聞は、NIKKEI Primeというサービスを提供しています。このサービスでは、朝夕刊や電子版では伝えきれない情報をお届けしています。今後もさまざまな切り口でのサービスを開始する予定です。

ニュースレター「サイエンス Next Views」では、シニアライターの古田彩さんが執筆しています。この投稿では、人工知能(AI)が科学研究に与える影響についての研究結果が紹介されています。1600人の研究者のアンケートによると、半数以上の研究者がAIが将来的に自分の研究に不可欠または非常に役立つと考えています。しかし、約7割の研究者がAIの負の影響として、理解せずにパターン認識に頼ることを挙げています。

この記事は会員限定となっており、登録すると続きを読むことができます。日経電子版の有料会員登録では、初回1カ月は無料で利用することができます。また、無料登録でも一定数の記事を消費することで閲覧することができます。

このニュースに対する感想として、マーケティング担当者の視点から言えば、AIが科学研究に大きな影響を与える可能性があることを意識しておく必要があります。AIの活用により、研究の効率化や新たな知見の発見が期待されますが、同時にAIがパターン認識に頼ることで理解が不十分になるリスクも存在します。この点については、AIの活用方法や限界についての理解を深めることが重要です。&Buzzとしては、AIを見守りながら、科学研究の進歩に向けて応援していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました