【&Buzzの口コミニュース】8月CPIが最大の注目、高い伸びなら金利上昇懸念=今週の米株式市場 | ロイター

&Buzzの一般ニュース

8月の消費者物価指数(CPI)の発表に注目が集まっています。この指数の結果次第では、株価に影響を及ぼすかもしれません。FRBはインフレを抑え込みつつも経済成長を進める「ソフトランディング」を期待しており、これが株価上昇の要因となってきました。最近は株価が停滞しているため、CPI結果次第では株式市場への投資への意欲が低下する可能性もあります。

&Buzzとしては、CPIが上振れるとFRBが利上げを迫られるか、高金利政策が長期化する懸念が出てくるため、株価に圧力がかかる可能性があると考えます。特に、ハイテク株には重圧がかかるでしょう。しかし、経済成長や企業収益の回復も見込まれており、株式市場は今後も新高値を付ける可能性があります。ただし、インフレや金利の動向には注意が必要です。

CPIの結果次第では、市場の利上げ観測が高まる可能性もあります。米株については大半のストラテジストと投資家が信頼を維持していますが、一部の市場参加者の間で警戒感が高まっているのも事実です。中国経済の減速や企業の利益率の低下などもあり、収益の確保は難しくなるかもしれません。しかし、米株のバリュエーションは改善しており、株式市場の楽観論も根拠があります。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました