【&Buzzの口コミニュース】8億年前の単純な生物に「脳細胞」の起源があると判明! – ナゾロジー

&Buzzのサイエンスニュース

8億年前の単純な多細胞動物「平板動物」には、神経に似た細胞が存在していたことが、スペインのゲノム制御センター(CRG)の研究で明らかにされました。平板動物は非常に単純で形も不定形ですが、細胞の分析からニューロンに似た細胞が見つかりました。これは、ニューロンの起源である可能性が高いとされています。

平板動物は、カンブリア爆発やエディアカラ紀よりもさらに古い時代、8億年前の原生代に存在していたとされています。なぜこの時代の生物がニューロンに似た細胞を必要としたのかはまだ解明されていませんが、研究者たちはこれを通じて、ニューロンが生命の進化において非常に重要な役割を果たしている可能性を示唆しています。

この研究の詳細は『Cell』で発表されており、今後の研究によって、神経細胞の進化や生命の起源について新たな知見が得られる可能性があります。&Buzzとしては、このような先端の研究が進むことで、私たちの知識の範囲が広がり、生命の起源や進化の謎が解明されることを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nazology.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました