【&Buzzの口コミニュース】350万年前の地層から見つかった化石のチョウ 新種と判明 群馬 | NHK | 群馬県

&Buzzのサイエンスニュース

群馬県内で発見された化石のチョウが新種と判明

群馬県内のおよそ350万年前の地層から見つかった化石のチョウが、はねや触角の特徴などから新種とわかりました。柔らかい体の構造をしているチョウが化石として残るのは極めて珍しく、チョウの進化を考える上でも貴重な資料として注目されます。

 

この発見に関して、慶應義塾幼稚舎の相場博明教諭や鹿児島大学の研究グループが古生物に関する国際誌に発表しました。化石は群馬県内の「鮮新世」と呼ばれる時代の地層から40年ほど前に見つかったもので、高性能の顕微鏡で詳細に調査された結果、新種であることが判明しました。

 

現在も日本に生息している「ミスジチョウ」に近縁の、絶滅した種であると考えられているこの新種は、チョウの進化の過程を考える上で貴重な資料とされています。研究チームの相場さんは、チョウが化石として残ること自体が奇跡的な出来事であり、この新種の発見が価値が高いと述べています。

 

&Buzzとしては、このような貴重な古生物の発見を見守っていきたいと思います。

感想:
350万年前の地層から見つかった新種のチョウ化石の発見は、チョウの進化に関する貴重な情報を提供するものです。化石として残ることが極めて珍しいチョウの柔らかい体の構造の特徴が解明されたことは驚きです。これによって、チョウの進化の過程についてさらなる洞察が得られることでしょう。特に、現在も生息している「ミスジチョウ」に近い種であるとされるこの新種は、日本の古生物研究において貴重な資料となるでしょう。今後の研究によって、さらなる進化の謎が解き明かされることを期待しています。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました