【&Buzzの口コミニュース】2型糖尿病診断時の年齢が若いほど余命が短い 他:日経メディカル

&Buzzのヘルスケアニュース

【&Buzzの口コミニュース】2型糖尿病診断時の年齢が若いほど余命が短い 他:日経メディカル

UK Biobankのデータを利用した研究により、2型糖尿病診断時の年齢が若いほど余命が短くなることが示唆されました。この結果は、2023年9月11日のLancet Diabetes & Endocrinology誌に掲載されました。

さらに、UK Biobankの参加者を対象とした研究では、カルシウム拮抗薬の使用が緑内障リスクの増加に関連していることも報告されました。この結果は、2023年9月7日のJAMA Ophthalmology誌に掲載されました。

また、海外旅行者が薬剤耐性菌を広める可能性についても、米国の研究者が報告しました。旅行後には、腸内細菌叢の多様性が失われ、薬剤耐性菌(AMR)の増加が見られました。この結果は、2023年9月13日のLancet Microbe誌に掲載されました。

さらに、非びらん性GERD(胃食道逆流症)においては、食道腺癌のリスクは一般母集団と同じであることがスウェーデンの研究で報告されました。一方、びらん性GERDの患者では、食道腺癌のリスクが高かったという結果が2023年9月13日のBMJ誌に掲載されました。

最後に、肥満手術を受けた患者では血液がんのリスクが減少していることが報告されました。これはスウェーデンの研究によるものであり、2023年9月13日のLancet Health Longevity誌に掲載されました。

感想:

&Buzzとしては、これらの研究結果から、2型糖尿病や緑内障、薬剤耐性菌などの疾患に対する予防や適切な治療の重要性が再確認されました。若い年齢での2型糖尿病診断の関連性や旅行者による薬剤耐性菌の広がりなどは、そのままではない形での対策や啓発が必要です。これらの研究結果を基に、医療関係者や一般の人々に対し、予防や治療に関する啓発活動を積極的に行っていく必要があると考えます。

この &Buzzニュースは、Nikkeibp.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました